知的財産を仕事に活かす! 検定合格を徹底サポート
記事に関するお問合せは
info.chizai-a@technoassociates.com

Copyright (c)2004-2013
TechnoAssociates,Inc.
All Rights Reserved.


TechnoAssociats,Inc.



<Open Innovation静岡>中堅企業が地域経済を牽引、有望ビジネスを情報発信

企業の知的財産活動


経営参画へと進む日本の知財部門
一丸ファルコスは技術マーケティングを実践

(一丸ファルコス 常務取締役 安藤一彦氏)

 化粧品の原料メーカーとして日本有数の企業であり,国内外の多くの化粧品メーカーに原料を供給している一丸ファルコスと,知財のコンサルティングと特許の競争力分析・評価を行うSBIインテクストラを招き,“企業における知財部門の役割り”に関する座談会を開催した。知財部門に求められる役割と原料メーカーにおける知財活動の注意点2つのテーマについて議論した。この議論から,日本における知財経営への流れと,その先進企業としての一丸ファルコスの姿が浮き彫りになった。
 

提供:知財Awarenessロゴ

企業名 タイトル
旭化成 戦略データベースを駆使して知的財産戦略を実施しています
アドバンテスト 大手半導体製造装置メーカーで広がる全社的な知財意識の向上
アンジェスMG 研究開発型の創薬ベンチャー企業における知的財産経営
一丸ファルコス 経営参画へと進む日本の知財部門
出光興産 有機EL分野で強力な特許網を構築
LG化学(韓国) 経営に資する知財ポートフォリオを構築して全社組織に貢献
ガイアックス 独創的なビジネスを知財で守るベンチャー企業
花王 消費者向けのプロダクト・ブランドを重視する商標戦略
カブドットコム証券 ネット証券界のトップランナーが進める知財戦略
キヤノン 創業以来の経営哲学に立脚するキヤノンの知的財産経営
キリンホールディングス 事業会社のCPOと連携して知的財産戦略を立てています
コクヨ 文具業界が自前主義からライセンス主義へ
コスモ石油 知財と研究開発の両輪で新事業を開拓
サムスン電子(韓国) 韓国Samsung ElectronicsがCPO(最高特許責任者)を導入
ジェノメンブレン 「創薬支援の大学発ベンチャー企業の成功例になります」
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 日本初の製造販売承認を受けた自家培養表皮で再生医療の産業化に挑戦
島津製作所 「技術の島津」を支える知財戦略の全容
情報処理推進機構(IPA) 利用が広がるオープン・ソース・ソフトウエア
住友重機械工業 住友重機械の知財戦略推進体制
セイコーインスツル ものづくりの理念を受け継ぐ研究開発戦略と知的財産戦略
大成建設 全社を挙げた知財戦略で競争時代を勝ち抜く
太平洋セメント 研究開発部門と連携して知的財産戦略を策定しています
タカラバイオ バイオ産業における先進的な知的財産経営とCIPOが果たす機能
武田薬品工業 新事業強化目指し武田薬品が知財部の活動領域を拡大
帝人知的財産センター 知財は事業を優位に進めるために存在する
東京三菱銀行
(現三菱東京UFJ銀行)
大学へのコンサルティングで知財知識は不可欠
東芝 「迅速な経営判断による事業戦略を支える知的財産戦略を企画立案しています」
東芝 自社の「強み」を引き出す東芝の新たな知財戦略
東芝ソリューション 知財を尊重した経営を実践するIT企業
豊田合成 青色LEDの事業化において知的財産が果たした役割
トヨタ自動車 変革期を迎えた日本自動車産業の知財戦略
日産自動車 意匠・特許ライセンスでブラントと技術力をアピール
NEC NECが知財部門の活動を強化 戦略的知的資産活動を充実
NECエンジニアリング 2000名の技術者集団をけん引する知財戦略
パイオニア 「強い特許」の創出が知財パーソンの使命
バンダイ 急拡大する「キャラクタ事業」を支える知財戦略の全容
日立製作所 外部リソースとの“協創”で知的財産価値を最大化します
富士通 トップの理念,リーダーシップ,構想力が知的財産経営の成否につながる
富士通研究所 研究開発前からの知財調査・標準化活動が重要
富士フイルム 写真で培った技術を幅広く活用して新事業を開拓
ブリヂストン 当社の戦略的事業ユニットの知的財産戦略を支援しています
本田技研工業 グローバル企業として,全世界知的財産戦略を実践中です
マイクロストーン 小型精密センサー開発企業が進める知財戦略の全容
マイクロソフト 米Microsoftが日本の外部機関との連携を進める狙い
三菱重工業 人材育成は知財戦略の要
YKK 「リスク管理」を重視した知財戦略を展開
ヤフー 動画投稿サイトで著作権違反対策が活発化
横河電機 国際標準化を進めるためにも知的財産を活用しています