知的財産を仕事に活かす! 検定合格を徹底サポート
記事に関するお問合せは
info.chizai-a@technoassociates.com

Copyright (c)2004-2013
TechnoAssociates,Inc.
All Rights Reserved.


TechnoAssociats,Inc.



<Open Innovation静岡>中堅企業が地域経済を牽引、有望ビジネスを情報発信

厚生労働省が,「知的財産管理(仮称)職種」の
新設,等級の設定に関するパブリックコメントを募集




 厚生労働省は9月13日,「知的財産管理(仮称)職種」の技能検定の新設案を盛り込んだ職業能力開発促進法施行令等の一部改正について,意見募集を開始した。

 技術革新の進展,知的財産の重要性の増大などを背景に,知的財産管理に関する高度な職業能力を有する人材への需要が増している。こうした時代ニーズに合わせ,法改正に関する今回の意見募集では,厚生労働省が実施する技能検定の職種に,「知的財産管理(仮称)職種」を新設することが謳われている。
 通常,技能検定では,その名のとおり「学科試験」に加え「実技試験」で構成され,特級,1級レベルの合格者に対しては厚生労働大臣名の,2級,3級レベルの合格者に対しては都道府県知事名または指定試験機関名の合格証が交付され,“技能士”と称することができる。

 なお,今回の改正案では,「知的財産管理(仮称)職種」の能力指標について,1級,2級および3級に区分し,試験業務は民間の指定試験機関に実施させる案となっている。また,現行の民間検定である「知的財産検定」を実施している知的財産教育協会によると,知的財産検定は新検定の開始をもって全面的に移行する予定とのこと。新検定では,既存の知的財産検定合格者についてもなるべく簡易な移行措置で,新検定の合格者と認定されるよう調整しているという。

 今回の意見募集は,10月12日までとなっている。技能検定の新設,および能力指標となる等級区分案について広く意見を募集,改めて調整を図った後,政令としての閣議決定を経て,早ければ2008年中にも知的財産管理に関する新たな国家検定が正式に誕生することとなる。

 職業能力開発促進法施行令等の一部改正について(厚生労働省)
 http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=495070123&OBJ

 知的財産マネジメントに関する国家検定について(知的財産教育協会)
 http://www.ip-edu.org/info/index.html

【関連記事】
 知的財産分野で新しい国家試験が誕生へ(2007.2.2)
 http://chizai.nikkeibp.co.jp/chizai/etc/20070202.html