知的財産を仕事に活かす! 検定合格を徹底サポート
記事に関するお問合せは
info.chizai-a@technoassociates.com

Copyright (c)2004-2013
TechnoAssociates,Inc.
All Rights Reserved.


TechnoAssociats,Inc.



<Open Innovation静岡>中堅企業が地域経済を牽引、有望ビジネスを情報発信


検定合格ガイド

「知的財産検定2級対策公認セミナー」講師陣による2級検定合格ガイド

第1回 土生哲也先生:「特許」担当

 次回の知的財産検定に向けて,受検を考えている方やすでに受検を決めて学習を進められて方が多数いらっしゃるでしょう。しかし,「検定にはどういうメリットがあるのだろう」,「受検のためにどういう勉強方法だと効率良く勉強できるだろう」,「何か良い参考書はないかな」といった悩みも多いのでは? そこで,「2級対策公認セミナー」で講師を務める3名の先生方に,検定の活用法,学習のポイントや参考書,そしてセミナーを受講される方へのメッセージもあります。



I やる気アップ! 「知的財産検定2級」のおすすめ活用方法
○知的財産部などに勤務される方
 知的財産部など勤務されている方は,日常業務で取り扱っている事項を体系的にまとめ直す機会として検定試験を活用してください。若手の方の場合,次のキャリア・ステップへの準備も含めて,一度,自分が身に付けてきた知識を総ざらいしてみてはいかがでしょうか。
 豊富な実務経験を持っているベテランの方に多いのは,「基本的なことを忘れてしまっていた」ということです。特に,日常業務の中でつい流してしまいがちな事項について注意して,どのようなルールに基づくものなのか,知的財産検定を通して今一度原則に戻って確認・整理してみましょう。

○エンジニア,研究者などの方
 現場の方々が基礎的なルールを知ることによって,社内の知財業務はスムーズに進み,より効果的な知財戦略が実践できるはずです。特に最近は,各企業とも現場における知財人材の育成に関心があるようです。知財知識からご自身の業務を見ることで,新たなアイデアが創造できるかもしれません。

○知財業務に初心者の方,学生の方など
 「仕事で知財を扱うようになったが,知識がない」,「学習したことがないが,知的財産に強い関心を持っている」,こうした方もたくさん受検されると思います。知的財産検定のために学習することは,実は知的財産法全般の基礎知識のマスターにつながります。知財知識習得のための最初の1歩として,チャレンジしてください。

II ズバリ業種別! 検定のための学習ポイント
○知的財産部などに勤務される方
 担当部署では正確な知識が求められます。特に若手の方の場合,今後のキャリアアップの中では専門的な分野や高度な知識とスキルが求められていくでしょう。この機会に,実務書に一通り目を通して,基本的な知識の定着を図ることをお勧めします。ベテランの方の場合は,すでに特定の専門分野を担当されているケースも多いかと思います。知的財産検定では,ご専門外の領域からの出題もあると思いますので,セミナーなどを活用して知財全般の総復習をされることが有効と思います。

○エンジニア,研究者などの方
 ご自身が関わられている分野の知識を整理することに加えて,知的財産検定の出題範囲は幅広いため,直接の担当業務ではない領域へも目を向ける必要があります。知財全般を扱った概要書などに目を通して,全体像を把握することから始めるべきかと思います。時間の有効利用という点では,セミナーへの参加が効率的です。

○知財業務に初心者の方,学生の方など
 まずは読みやすい知的財産全般に関する概要書などに目を通して,全体像をつかんでください。実務的な問題への対処が一番の難点かと思います。ガイドブックやセミナーなどを活用して,試験問題のイメージを把握し,問題を解く経験を積んでおくとベターです。

III レベル別! 土生先生お勧めの参考書はこれだ!
 先に述べた学習方法との関連して,推薦する参考書をレベル別に挙げます。
<概要書として>
  「産業財産権標準テキスト」(発明協会)
  「よくわかる知的財産権」(日本実業出版社)
  「実務法律基礎講座・知的財産法」(弘文堂)
<実務書として>
  「知的財産法務ガイドブック」(商事法務)
  「知的財産法実務シリーズ(中央経済社)」
  「弁理士試験BASIC」(東京リーガルマインド)
    ※このほか,土生先生の事務所ホームページにおいても推薦書籍を挙げていただいています。

IV 2級対策公認セミナーに参加される受講者のみなさまへ
 2級対策公認セミナーに参加される方々には,書籍や自習だけでは学習しにくいポイントを重視して講義を進めるつもりです。特に,(1)効率的な受験対策(重要ポイントの指摘),(2)テキストなどからでは読み取りにくいビジネス上の視点からの考え方,を重点的にお伝えしたいと考えています。

弁理士・土生哲也氏が徹底予想 !!
知的財産検定試験(2級) 問題と詳細解説 はこちらから